陰圧式勃起補助器具

勃起不全に新しい治療法が登場!
陰圧式勃起補助器具Vigor™2020

陰圧式勃起補助器具を希望される方の多い理由

  • 年齢と共に勃起力がなくなった
  • 内服には抵抗がある
  • ED薬が使えない疾患がある
  • 陰茎海綿体注射には抵抗がある
  • 大事なところで勃起しなくて相手を悲しませた経験がある
  • 「また勃たないとどうしよう…」とセックスの度に考えるようになった
  • 持続が良くなり、何回も楽しめるようになった
  • 不安で悩むよりも器具を使用することで問題なくセックスができるので重宝している

※内容作成中※

勃起するために必要なのは、脳の性的興奮刺激をペニスに伝える神経系と、その刺激を受け取って血液を十分受け入れられるように拡張することのできる血管系の2つです。

神経系、血管系の以上の他、心因性が勃起不全の主な原因であり、治療はその異常を取り除くことになります。

血管系ED治療の最初の選択は内服薬です。

では内服治療が行えない場合や、内服薬が十分に効かなくなってきた方で、血管にまだ拡張する能力が残っているときの次の治療はなんでしょうか?

勃起不全治療のガイドラインでは2つの方法が示されています。
一つは直接血管拡張薬をペニスに自分で打ち込む陰茎海綿体注射、もう一つが今回ご紹介する陰圧式勃起補助器具です。

当院で扱うものはVigor™2020といいます。

ペニスの根本をきつく締め付けて、ペニスに溜まった静脈血が身体に戻らなくなった状態でペットボトルのような筒をペニスにかぶせて、その中の空気を抜いて陰圧にします。

ペニスに血液を送る動脈は働いていますので、ペニス周囲の陰圧で血液がどんどんペニスに引き込まれます。
陰圧にすればするほど、筒の中でペニスは怒張していくのです。

挿入できるほど勃起させたあとで筒をペニスから抜き取ると、溜まった血液は根本が締め付けられているためペニスにとどまり続けますので、縮むことなくセックスが楽しめるのです。

重大な副作用はありませんが、陰茎痛,陰茎のしびれ,皮下出血,射精障害,陰囊吸引が起こりえます。
陰嚢と一緒に精巣(睾丸)が筒に吸い込まれるとものすごい激痛なので注意が必要です(体験しました)。
血液の抗凝固薬を内服している方では使用することができません。

新しい動脈血がペニスに供給されないため根本の締め付けは30分以内にする必要があります。
また、新しい血液が入ってこないため通常の勃起と異なりペニスがだんだん冷たくなっていきますが、これを冷たい勃起と呼びます。

セックスの途中で器具を使用する必要があるため、パートナーの十分なご理解が必要ですが、90%の方がセックス可能になる、とても良い方法です。
内服薬や自己注射とは異なり、器具さえ揃えてしまえばその後のランニングコストもかかりません。

ED治療

  1. ED内服薬

    EDの治療は以下に紹介する内服薬の登場で大きく変わりました。多くの方に確実に、安全に使…

  2. 陰茎海綿体注射

    EDの治療において、内服薬は効果が高く、最初に試すべき治療ですが、10人中3人は効きにくいことがあります。また、心血管疾患に罹患し…

  3. 陰圧式勃起補助器具

PAGE TOP