メディカルダイエット薬

健康的なダイエットは見た目のアンチエイジングにつながるだけではなく、内臓の加齢も遅らせることができます。

肥満があると男性ホルモンの分泌低下やEDなどの性機能低下が起こることもわかっておりますので、ダイエットを安全に行うことは健康だけではなく生活の質を高めることに直結します。

ただしダイエットは大変辛く、長続きしない・リバウンドする事が問題点です。
「医療薬品やサプリメントの力を借りて、辛くなく行えるダイエットを考えてみませんか??」

ダイエット薬がオススメの方

  • 運動でのダイエットが苦手な方
  • ダイエットに何回も失敗している方
  • リバウンドをしている方
  • 食事制限をあまりしたくない方
  • 脂っぽいものがお好きな方
  • カロリーを多く摂取される方
  • ダイエット薬を使い楽に痩せたい方
  • 部分的ではなく全体的に細くなりたい方
  • 脂肪吸引などの手術はしたくない方
  • バレずに痩せたい方

GLP-1ダイエット

インクレチンというホルモンがあります。食事して腸管が膨らむと腸壁から分泌されますが、これが脳に届くと満腹中枢が刺激されて満腹感が出現するためにある一定の量以上に食べられなくなるのです。
「GLP-1」とはこのホルモンの一部とお考えください。効果が長引く調整がなされており、1日1回使用することで丸一日中食欲が抑えられます。常に腹6分目、というイメージです。他にも腸管の蠕動をゆっくりにすることで腹持ちが良くなり、空腹時でもお腹がグーグーなったりしません。

膵臓からのインスリン分泌を促すことで血糖値の急激な上昇を速やかに沈静化させます。そのため、脂質を過剰に体内に取り込むことを防ぐことができます。

近年では1日3食たべるのではなく一定の時間、腸管を休めるために断食の時間を作るダイエットが注目されていますが、このようなダイエットを行う際にも空腹と戦う必要がなくなりますのでかなり楽になります。

注意点

導入時、体が慣れるまでかなり胃部不快感や便秘などの消化器症状が強く出ることがあります。
増量は1週間に一度、少しずつ増やすことで負担を減らすことができます。
強い症状が治まらない場合は休止して医師にご相談ください。

Doctor's Voice

食事を摂取したときのインスリン分泌を促す作用があるだけで、空腹時の低血糖を増悪させる作用はありません。低血糖発作を起こすリスクはかなり低いのですが、糖尿病治療薬などの血糖低下作用の高まる治療薬を使用している場合は低血糖発作を起こす可能性があるので使用をおすすめしません。糖尿病のかかりつけドクターに対応をご相談ください。

AGクリニック院長乙供医師

AGクリニック院長  乙供医師

ゼニカル120mg

ゼニカル120mg画像

海外では肥満治療薬として認可されている内服薬です。
脂質を食べたときに、吸収しやすくするリパーゼという消化酵素の働きで脂肪は分解、吸収されます。ゼニカルはリパーゼの働きを抑制するために脂肪は腸で吸収することができなくなります。そうすると、そのまま排便とともに体外に排出されることで、脂肪分の多い美味しい食事を摂っても、あたかも低脂質の食生活をしているかのごとくカロリー摂取を抑えることができます。

  脂質が多い食事の方にオススメ!
様々なダイエットがありますが、糖質制限よりも脂質制限を考える場合にはとてもよい選択肢です。
脂の少ない食事では余り意味がありませんので、脂質の多い食事をとったときのみ内服するという調整ができるのも便利です。弱点としては便にかなりの脂がまじりますので、便回数が頻回になることがあります。またいきんだりおならをしたときに脂が一緒にもれることがあります。最初は驚くかもしれませんが、だんだんトイレに行くタイミングなどをつかめてくると失禁などは起こさなくなります。

Doctor's Voice

脂質にはオメガ3など良い脂質もありますので、毎食で内服することはおすすめしません。ビタミンA,D,E,Kのような脂溶性ビタミンの不足につながることもあります。上手に使うととてもよいダイエットの武器になります!食事内容に合わせて必要時に内服しながら体重増加を防ぎましょう。

AGクリニック院長乙供医師

AGクリニック院長  乙供医師

BBX PLUS(Brain Boosting compleX)

BBX PLUS画像

タイ国FDA承認されているダイエットサプリメントです。
ストレスホルモンであるコルチゾールは朝方最も高く、夜間はピーク時の10%まで分泌が減少します。ストレスの多い生活をしていると夜間の分泌量が増えてしまい、高コルチゾールが持続すると満腹感の異常や脂肪の蓄積が進むために体重増加をもたらします。BBXはバランスの取れたコルチゾール分泌コントロール作用があります。

  含有成分
緑茶抽出物/L-カルニチン/ガルシニア・カンボジア抽出物/白インゲン豆抽出物/唐辛子抽出物/海藻抽出物/クレアチン-水和物/オプテイア・フィカス・インディカ粉末/共役リノール酸(CLA)/L-チロシン/L-テアニン/小麦胚芽粉末/αリポ酸/コエンザイムQ10(CoQ10)/生姜抽出物/クリミ有無アミノ酸キレート

作用

①  自然なストレス低下効果
L-チロシン及びL-テアニン(体内のコルチゾールのバランスを整える)
②  ATP+酵素増強剤
アセチル-L-カルニチン(一般的なL-カルニチンは血流脳関門を通過できないため脳内で機能しない)+CoQ10+CLA(共役リノール酸:PGE1の産生を促進し、血管拡張作用で脳に多くの酸素や栄養素を送り届ける)+αリポ酸
③  フリーラジカルによる脳細胞の障害の保護
緑茶抽出物+アセチル-L-カルニチン+CoQ10+αリポ酸
④  全細胞のATP量のバランス維持
αリポ酸+クロミウムキレート(インスリン及び血糖への作用)。注目すべきは十分はエネルギー、想像力・記憶力・焦点調整力、地震、情緒バランス、空腹感コントロールなどの回復効果
⑤  全身のATP量の増加
脂肪を燃焼させATPを産生し、体重減少をもたらす(空腹感の抑制、食事量の減少、脂肪燃焼によるエネルギー創出)
⑥  摂取カロリーを50%カット
デンプン消化酵素を阻害する白インゲン豆抽出物+糖および脂肪の消化酵素を阻害する海藻抽出物+脂肪と結合し吸収を阻害するオプンティア・フィカス・インディカ抽出物により脂肪が沈着する前に過剰カロリーをカットする
⑦  身体の引き締め
CLA+クレアチン(筋肉量を安定させ、望ましい体型を創出する)
⑧  窒素の排出
小麦胚芽粉末(体内に蓄積された毒素を解毒する)
  用法
昼食と夕食の30分前に1錠(1日2錠)、もしくは昼食又は夕食の30分前に1錠(1日1錠)
  副作用
服用初期の下痢、虚脱感など

Doctor's Voice

上記がBBXの特徴です。
ゼニカルでは脂が多く便に混じって、トイレの回数が増えてしまったり便失禁の可能性が怖くて生活に支障がある方ではマイルドに効果の出るこちらをおすすめいたします。

AGクリニック院長乙供医師

AGクリニック院長  乙供医師

ダイエット薬 料金一覧(税込み)

美容ダイエットBBX PLUS30錠
13,200円
美容ダイエットゼニカル1錠
330円
美容ダイエットゼニカル7錠
2,200円

メディカルヘルス

  1. メディカルダイエット薬

    肥満があると男性ホルモンの分泌低下やEDなどの性機能低下が起こることもわかっておりますので、ダイエットを安全に行うことは健康だけで…

PAGE TOP